サイト内検索

美容皮膚科・美容外科サイトへ
看護師募集中

とびひ

とびひは伝染性膿痂疹という病気で、皮膚の表面に細菌が感染し増殖している状態です。

主に小児に発症し、気温と湿度が上昇した夏に流行します。とびひの原因となる細菌は主としてブドウ球菌と溶連菌の2種類があります。いずれも皮膚の常在菌ですが、皮膚の表面に傷がつくことによってバリア機能が破壊され、増殖してしまいます。

症状としては小水疱やかさぶたを伴った、浅い潰瘍(びらん)という皮膚がめくれてしまったような状態が認められます。治療としては、患部の洗浄が重要です。シャワーで患部を洗浄することによって感染している細菌を洗い流すことができます。菌は皮膚表面に存在しているだけなので、洗浄はもっとも効果のある治療です。

これまでは抗生剤の内服が治療として多く行われてきました。しかし最近、抗生剤に抵抗性のあるブドウ球菌の感染が多数検出されます。耐性菌でなければ、抗生剤の使用はとても良い治療になるのですが、そうでない場合には十分な効果が得られません。

最近では、細菌を水で流すという基本的な方法が再び見直されてきています。