サイト内検索

美容皮膚科・美容外科サイトへ
看護師募集中

にきび 尋常性座瘡

にきびは医学用語で尋常性座瘡といいます。

毛の周りに存在する毛嚢という組織が炎症をおこしている状態です。思春期から30歳ぐらいの時期に発症しやすく、顔面、体幹中心部に見られることが多いです。ありふれた病気だけに、病気という意識が薄く、治療をしない方も多いと思いますが、深いにきびあとを残してからでは、改善にとても時間がかかります。

思春期に生じたにきびは通常、額や頬のところに生じますが、30歳に近づいてくるとあご周りなどの顔面周囲に生じやすくなってきます。また、大人になってからのにきびは、原因も複雑になり、繰り返したり、治りにくくなったり、あとを残しやすくなったりしてきますので、特に早めの治療が大切です。

病気としてのにきびの治療は、ビタミンB2、 B6の内服、抗生剤の内服、外用が中心でした。というのも保険診療でできる治療が限られているからです。世界的には、レチノイド製剤という、にきびの初期から毛穴のつまりを解消し、赤いにきびへの悪化を防ぎ、あとを残さず治すタイプの薬の使用が第一選択薬とされています。

ついに日本でも、2008年10月21日、塩野義製薬からretinoid製剤のにきびの塗り薬が発売されました。ディフェリンという薬です。現段階では、皮膚科を標榜しているクリニックでのみ処方してもらえます。当院でも処方できますので、ご相談ください。

この薬が使用できるようになったことで、にきびの治療は飛躍的に進歩を遂げることになります。

 

しかし、これからできるにきびを防いだり、悪化を防いだりはできますが、できてしまったにきびあとの凹凸や、赤み・黒ずみを治すには、さらに踏み込んだ治療が必要です。

保険の適応はありませんが、にきびあとや、全体的な肌質改善には、ピーリングという治療が効果的です。繰り返すことにより、にきびをできにくくするほか、にきびあとの凹凸をなめらかにしたり、赤みや黒ずみを改善したり、毛穴の開きを改善したり、肌のハリを改善したりという全体的なお肌の改善効果が期待できます。

当院では難治性のにきび跡を治療することも行っています。自由診療になるのですが、フラクショナルレーザーであるアファームマルチプレックスによる治療も可能です。

にきび、ニキビ

にきびの種類と治療方法について

にきび治療のためのクイックピーリング クイックピーリングが受けられる方 クイックピーリング 30,000円