サイト内検索

美容皮膚科・美容外科サイトへ
看護師募集中

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎とは特徴的な分布で慢性湿疹が存在する病態で、特異的なアレルギー反応と非特定刺激反応をともなっています。

多くの患者では、ハウスダストやダニ(コナヒョウヒダニ、ヤケヒョウヒダニ)、カビなどに強いアレルギー反応があり、ひじ、ひざの屈側部、首のまわり、顔面を中心に発心があります。症状がひどい人では体幹、四肢にも乾燥性の皮疹が存在します。かゆみが強く、多数の掻破痕がみられます。

治療の基本は抗アレルギー剤の内服と、ステロイドの外用です。ステロイドにはさまざまは種類があり、強さのランクがあります。詳しくはステロイド外用の話をご覧ください。

簡単にいうと適正なランクのステロイド外用剤を使用していれば、長期間使用したとしても問題はありません。ステロイド外用薬を恐れて使用しないことによるリスクのほうがはるかに大きいと考えています。

当院ではステロイドを使用した治療を行っております。絶対にステロイドを使用したくないと考えている方はステロイドの使用を同意して頂く必要がありますので、ご承知のうえご来院ください。

1999年に発売となったタクロリムス軟膏(プロトピック軟膏®)はステロイド軟膏を使用しにくい場所に使う良い選択肢になることがあります。

当院では主として、顔面領域にしようしております。タクロリムス軟膏は免疫抑制剤が成分であり顔面に生じやすいステロイドの副作用を生じません。使用に若干のコツがありますので、ご相談ください。

またそう痒を抑え、アレルギー反応を抑制するために抗アレルギー剤の服用も必要です。たとえかゆみが少ない場合でもこうアレルギー剤の内服を続けることによって全体的な症状の改善を得やすいとの報告があります。継続的に抗アレルギー剤の内服を行うことを推奨しております。

また当院ではステロイド外用が効きにくい患者に使用できる光線療法機器(ナローバンドUVB)での治療も可能です。

ナローバンドUVB
照射後かゆみが軽減する効果が強く、掻かなくなります。
なお、アトピー性皮膚炎は慢性疾患のため完全に治るというケースは少なく、光線治療を含め粘り強く治療をしていく必要があります。

 

補足
当院では中等度以上のアトピー性皮膚炎の患者には
一日2回の外用
2週に一度の通院

をお願いしております。

治療に効果を求めるのであれば、上記2点をお守りください。