サイト内検索

美容皮膚科・美容外科サイトへ
看護師募集中

足白癬(あしはくせん)・水虫

足白癬とはいわゆる足の皮膚の水虫です。
これは白癬菌が皮膚内で増殖している状態を指します。足白癬の症状は大きく分けて3種類あります。

趾間型

趾間(しかん=指の間)型が一番有名なタイプで、足の指の間がじゅくじゅくしてかゆみを伴うタイプの水虫です。皮膚が剥けているため細菌が侵入して二次感染を起こすことがあり、その場合には痛みを伴います。

小水疱型

これは足の側面に細かい水疱を伴うタイプであり、症状としてはかゆみを伴うことが多いです。水疱を自分の指でつぶしたりすると、そこから二次感染を起こすことがありますので注意が必要です。

角化型

一般の人が見ると一番足白癬に見えないタイプです。症状は足のかかとが堅くなり、がさがさになります。堅くなったかかとを気にして、軽石で削っている方がいますが、いっこうに良くならない場合には足白癬が考えられます。

足白癬・水虫はどうやって診断するの?

診断は真菌検鏡という方法で、一部足の表面の皮膚を剥いて、顕微鏡で真菌が存在するかどうかを確認する方法です。

真菌の種類まで調べるには、真菌培養が必要ですが、時間がかかること、また種類によって治療方法が変わることがないなどの理由から培養は行わないことが多いです。治療は症状により、外用薬内服薬の二種類あります。抗真菌成分の入った外用薬と内服薬を同時に行うことは保険診療では許されていないため、いずれかを選択することになります。

効果を重視するなら内服薬がおすすめで、足白癬であれば通常1〜2ヶ月で治ります。ただし、内服薬は肝臓に負担がかかるため、肝機能を測定するために採血は必要になります。

一方外用薬は一日一回塗るだけです。足の裏だけでなくゆびの間、足の側面に広く薄く塗っていきます。

水虫症例写真

足白癬・水虫はかゆくない?

水虫はかゆいと言いますが、これはあまり当てはまらず、実際ではかゆくないことのほうが多いです。

「足がかゆいから水虫だ」と思い来院される方はいますが、診断は皮膚の状態と検鏡によってしか判断はできません。 水虫に似た病気はあまり知られていないため、足に何かあると水虫ではないかといって相談にきます。実際に、通常白癬菌が皮膚に付着しても、そのまま24時間以上付着し続けていないと菌は皮膚内に侵入しないのです。

しかし、実は鑑別診断された疾患はたくさんあり、一例として掌蹠膿疱症、掌蹠角化症、尋常性汗腺、汗疱、手足口病、慢性湿疹などがあげられます。ですので、かゆみがあっても水虫なのではと思って恥ずかしがらず一度専門家にご相談下さい。

軽石で足白癬・水虫になる?

先ほど角化型のときに少しふれた軽石は非常に足白癬によくありません。

通常白癬菌が皮膚に付着しても24時間以上付着し続けないと皮膚内に侵入せず、白癬菌自体も絨毯や板の間など様々な場所に存在しています。ですので、裸足で歩いていれば日常的に足の裏に付着するものなのです。菌が付着したとしても皮膚の表面はなめらかなため、容易に白癬菌は皮膚からはがれてしまいます。

ところが軽石でこすっている皮膚には細かい傷がついているため、その傷から短時間で白癬菌が侵入してしまうのです。ですので不用意に軽石を使うことは控える方が良いでしょう。

水虫やかゆみでお困りの方は、是非皮膚科専門医に相談してください。

放っておくと全身に広がります

水虫は足の病気だとおもっているひとも多いと思いますが、カビによる病気なので全身の皮膚のどの場所にも発症します。

下の写真は腕に生じたものです。この方は顔面にも同様の皮疹が出ていました。

腕に生じた水虫